HOME >> 芝生の情報館

芝生の情報館

2017年07月28日

園芸店で購入できる芝生用資材のご紹介」を更新しました。

2017年07月19日

芝草の種類と特性」を更新しました。

2017年07月04日

「芝生の情報館」トップページを改訂しました。

2017年07月04日

タイトルを「芝草の種類と特性」に変更し、内容を改訂しました。

< 芝生の情報館にお越しの皆さまへ >

有名な孫子の言葉に「彼を知り己を知れば、百戦あやうからず。」というものがあります。実はこれにはまだ続きがあり、それは「彼を知らずして己を知るは一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば戦うごとにあやうし。」というものです。これらはあくまで兵法として語られたものですが、芝生づくりや芝生管理においても実によく当てはまる言葉であり、まさに名言だと思います。

芝生管理における「彼」とはもちろん芝草のことで、彼を知るとは、芝種ごとの性質の違いや特徴、長所や短所、維持管理に必要な作業内容や作業頻度、作業のコツや注意点などを知ることです。そして、己を知るとは、ご自身の芝生管理に関する知識や技術、芝生管理にかけられる手間や時間、またそれらに必要な費用がどれほどかを知ることであり、加えて、芝生の環境(土壌の性質や日当たり、風通しなど)やその地域の気象(とくに気温、降水量、積雪量など)を正しく理解しておくことでもあります。そして、それらの情報をもとにご自身の条件に合った最適な芝種を選ぶことが、その後の芝生管理における失敗を防ぎ、末永く美しい芝生を楽しめることにつながる、というわけです。

しばしば、「冬でも緑の芝生がいい」、「自宅にも練習グリーンがほしい」などの理由からベントグラスやケンタッキーブルーグラスの購入を希望されるお客様がいらっしゃいますが、お話を伺うと、こうした芝がどのような性質のものでどの地域の気候に適し、その造成や維持管理にどのような手間が必要になるかを全くご存じなく、しかも、芝生管理は全くの未経験という場合が少なくありません。これではまさに「彼を知らず己を知らざれば戦うごとにあやうし」です。たまたま寒冷地に住み、そこが水はけの良い土壌だったという幸運な方もいらっしゃるかも知れませんが、多くの場合、造成当初こそ、寒地型西洋芝ならではの芝生の美しさに「芝生にして良かった!」と感激するものの、最初の夏越しでさまざまなトラブルに遭遇し、見るも無惨な状態となって、「芝生はもう懲り懲り」となることでしょう。そうして、「西洋芝は難しい」から「芝生は難しい」となり、芝生に対するネガティブな評判だけが広まることになるのです。

本来、芝生管理そのものは難しいものでも、易しいものでもありません。その芝草、その場所、その用途に合った管理の仕方があるだけです。しかし、その場所、その用途に合った芝草を選ばないと、とたんに芝生の維持管理は難しいもの(時に不可能なもの)になってしまいます。しかも、最も深刻な問題は、お客様自身が「ミスマッチ」な選択をしていながら、みずから芝生管理を難しくしていることに全く気づいていないことです。

芝生に対する興味はあっても知識はない。最初は誰しもそうでしょう。だからこそ、芝生に興味を持ったら、まずは知識を得ることからはじめるのです。どうかご注文いただく前に、必ず「彼を知り、己を知る」ことに努めていただき、その上で、自宅の環境に合った芝草はどれか、自分でもうまく管理できそうな芝はどれかをじっくりと検討してください。彼を知り、己を知った結果、「芝生にすることは諦めよう」との結論に達することもあるはずです。しかしそれもまた、お客様にとっては多くの労力とお金を無駄にしないための勇気ある決断であり、同時に当社にとっては、無用の悲劇を避けるための歓迎すべき英断でもあります。

今、こうして当ページをご覧になっているお客様は、なんらかの縁やきっかけがあって、芝生に興味を持たれたのだと思います。それが何かは人それぞれでしょうが、せっかく芝生に興味を持っていただいたお客様が、予備知識を持たないがために判断を誤り、不適当な芝種を選び、不適切な管理を行なった末、悲劇を迎えて芝生嫌いになる・・・。芝生を愛し、芝生とともに歩む当社には、そんな哀しいシナリオだけはなんとしても避けたいという強い願い、想いがございます。そのためにはまず、お客様に芝草のこと、芝生管理のことをできるだけ詳しく知っていただかねばなりません。この「芝生の情報館」はそんな当社の願いを込めて制作しています。まだまだ足りない部分や不十分なところもありますが、少なくとも当コーナーの各ページをお読みいただければ、きっとお客様の芝生に対する理解も深まり、ご自身に合った最適な芝生とのつきあい方をご判断いただけるものと思います。

今後とも、一歩ずつではありますが、お客様からのご意見やご要望を反映させつつ、各ページの修正や拡充、新たなコンテンツの追加などを行なってまいります。どうか「芝生の情報館」を末永くご愛読いただきますようお願い申し上げます。

株式会社那須ナーセリー ウェブマスター

 情報管理課 武井和久