取り扱い商品

当社の西洋芝をお求めになられる前に

当社で取り扱っております芝生は、西洋芝の中でも寒さに強く、暑さに弱い「寒地型(かんちがた)芝草」と呼ばれる種類のものです。

これらは、私達に身近なノシバやコウライシバといった暖地型(だんちがた)の日本芝と比較しますと、芝草としての特性から芝生の作り方、管理の仕方に至るまで、実に多くの面で異なっております。
当社の商品をお求めになられる前に、是非一度、当サイトの『芝草関連情報』ページをお読み下さい。
寒地型西洋芝の特性や芝生の張り方、管理の仕方などが分かりやすく解説されております。

当社では、ご注文いただければ全国どこにでも1平米より配達いたしますが、温暖な地域(関東以南の地域など)にお住まいの方は寒地型西洋芝の特性を十分にご理解した上でお買い求め下さい。
※暑さのために梅雨明け早々に枯れることもありますので、十分ご注意下さい。

また、当HP内でご紹介する芝生管理方法等につきましても、あくまで一つのモデルであり、これによりどのような立地においても芝生の生育が保証されるものではありませんのでご注意ください。

芝草関連情報ページ

お張りいただく時期について

寒地型の西洋芝はノシバやコウライシバのように冬に白く枯れてしまうことはありませんが、東北、北海道や本州の高冷地などの寒冷地ですと、さすがに冬の低温期には生育が止まってしまうことがあります。また、暑さを苦手とする芝であるため、関東以南の地域では夏期に生育が衰えたり、枯れたりすることもあります。ご参考までに申し上げますと、寒地型西洋芝にとっての最適な生育温度はおよそ5℃〜25℃です。

したがいまして、当社のソッドをお買い求めいただく場合には、上記の特性を十分にご理解いただき、芝張りに適した時期(北海道などの寒冷地以外は春期と秋期)をお選びいただくようお願いいたします。これは張替え補修のためにお買い求めいただく場合も同様です。当社としては施工後早々に枯れてしまう危険の少ない秋期の施工をお勧めいたします。

また、夏越しに失敗しないためのポイントとして、春期にお張りいただく場合には、梅雨期や夏期に備えて芝生を万全の状態に仕上げられるよう春の早い時期に施工されるとよろしいでしょう。そうすれば、梅雨入りまでに十分に根の張った丈夫な芝生に育てられると思います。

当社の西洋芝をお求めになられる前に【 商品は全てソッド(切り芝)となります。種子は取り扱っておりません。】

種   類 一般的な用途 出荷時の刈り高
ペンクロス・ベントグラス(サンド仕様) ペンクロス・ベントグラス(サンド仕様) ゴルフ場(サンドグリーン)向け 7ミリ前後
ペンクロス・ベントグラス(黒土仕様) ペンクロス・ベントグラス(黒土仕様) ゴルフ場(土グリーン)、装飾用芝生向け 7ミリ前後
Aシリーズ・ベントグラス(サンド仕様) Aシリーズ・ベントグラス(サンド仕様) ゴルフ場(サンドグリーン)向け
※ペンクロスよりも更に低く刈れます。
7ミリ前後
シャーク・ベントグラス(サンド仕様) シャーク・ベントグラス(サンド仕様)
<新商品>
ゴルフ場(サンドグリーン)向け
※第4世代の最新品種です。
7ミリ前後
ビバターフ(ケンタッキーブルーグラス) ビバターフ(ケンタッキーブルーグラス) ゴルフ場(ティーグラウンド、フェアウェイ、
グリーンカラー等)、お庭の芝生、修景用芝生向け
15ミリ前後
ジョイターフ【当社独自商品】
(トールフェスク&ケンタッキーブルーグラス混合) ジョイターフ【当社独自商品】
(トールフェスク&ケンタッキーブルーグラス混合)
サッカー場、お庭の芝生、修景用芝生向け 25ミリ前後

・上記商品の在庫状況につきましては「価格のご案内」ページでご案内しております。
・上記の芝は全て寒地型の西洋芝です。その特性を十分にご理解いただいた上でお買い求め下さい。
・出荷時の刈り高は季節等により僅かですが変動いたします。

当社商品のご説明【 画像下部のスケールは全て1目盛=1mmとなっております】

ペンクロス・ベントグラス

ペンクロス・ベントグラス

ペンクロス・ベントグラス(サンド仕様/黒土仕様)

ゴルフ場のグリーンに使われるクリーピングベントグラスという芝で、「ペンクロス」という品種を使用しています。葉色はやや淡いものの、柔らかくきめの細かい匍匐型の芝です。5mm前後の低刈りにも耐えますが、お庭の芝生としてならば10〜15ミリくらいがお勧めです。 当社には良質の川砂を使い栽培した「サンド仕様」と圃場の土をそのまま使った「黒土仕様」とがございます。お客様の床土の種類に合わせてお選び下さい。
注)ゴルフ場のグリーン並みに仕上げ、それを維持管理するには、相応の技術と労力が必要となります。

Aシリーズ・ベントグラス(サンド仕様)

Aシリーズ・ベントグラス(サンド仕様)

ゴルフトーナメントなどの高速グリーン用に開発された新世代のベントグラス、Aシリーズのソッドです。ペンクロスと比較して耐暑性に優れ、葉は繊細できめ細かく、単位面積当たり約2倍の茎葉密度を持っています。直立生育するタイプなので芝目ができにくく、非常に密度の高いターフになります。極めて低い刈り高にも耐えられるので、より高速なグリーンを目指すゴルフ場には最適です。ただし、その高い密度から、高品質を保つにはこまめなサッチングなどの作業が必須となります。
注)ゴルフ場のグリーン並みに仕上げ、それを維持管理するには、相応の技術と労力が必要となります。

シャーク・ベントグラス(サンド仕様)

シャーク・ベントグラス(サンド仕様)<販売を開始しました>

全米芝草評価プログラム(NTEP)において全26品種中、総合評価ナンバーワンを獲得した最新のベントグラスです。その高い耐暑性から、管理が難しいとされるベントグラスの中では比較的メンテナンスも容易で、省力管理下でも高い芝質維持が可能です。 さらに、非常に旺盛な生育で年間を通じて高い芝密度を保ちます。葉は中位の濃緑色できめ細かく、アップライトな生育習性をもちます。低い刈り高にも耐え、管理レベルを上げればトーナメントレベルに仕上がります。
注)ゴルフ場のグリーン並みに仕上げ、それを維持管理するには、相応の技術と労力が必要となります。

ビバターフ

ビバターフ

ビバターフ

ケンタッキーブルーグラスという芝を使用しています。葉色は非常に濃く、葉幅はやや広めです。丈夫な地下茎を持ちますので、回復力もあります。刈高は20〜25ミリくらいが適当です。 アメリカ(南部を除く)では家庭の芝生として人気があります。とにかく葉色の美しさは格別で、寒冷地にお住まいの方には是非ともお勧めしたい西洋芝です。

ジョイターフ

ジョイターフ

ジョイターフ

上記のケンタッキーブルーグラスに丈夫さが取り柄のトールフェスクという芝を混ぜて使用しております。トールフェスクは葉が硬く、葉幅も広いため、踏み付けなどに強いのが特長です。寒地型としては比較的耐暑性も高いため、お庭の芝生として、また西洋芝の入門用としてもお勧めです。ただ、低刈りには弱いので、刈高は30ミリ以上が適当です。

・上記の写真は全て芝の生育盛期(初夏または秋)に撮影したものです。
・芝の密度や葉色は芝の育成日数や季節、施肥のタイミング等によって多少なりとも変化いたしますので、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
・寒さによる色落ちを低減するため、冬期間は保温シートによる防寒対策のほか、適宜、着色剤の使用も行っております。


※佐賀県にお住まいの方へ
平成18年4月1日以降、佐賀県では「佐賀県環境の保全と創造に関する条例」により、トールフェスク(和名:オニウシノケグサ)の植栽が禁止されております。よって、トールフェスクを含む「ジョイターフ」については佐賀県内へのお届けはできませんので、あしからずご了承ください。詳しくは、こちらの「佐賀県環境の保全と創造に関する条例に基づく移入規制種の指定」をご覧ください。

商品の配送と荷姿

小口ご注文(約30平米まで)の場合
通常、約30uまでは以下のように箱詰めし、宅配便(夏季のみクール宅配便)にてお送りしております


・ソッド1枚の大きさは約170cm×30cmで、厚さは約1.5〜2cmです。
・ソッドは折りたたんで(丸めて)箱詰めいたします。
・ソッド2枚がほぼ1u相当となります。

・当社の段ボール箱1箱にソッド2枚(約1u分)が入ります。
・箱の大きさは長さ46cm×幅32cm×深さ24cmになります。
・1箱の重さは芝および土壌の含水量により異なります。雨天時や
 雨天の翌日などに切り出した芝は水分を多く含むため重くなります。

大口ご注文の場合

トラック

大口のご注文ですと、宅配便でなく大型トラック(チャーター便)にて配送することになりますが、その場合、上記のような梱包はございません。

また、チャーター便の場合、大型の4トントラックによる運搬となりますので、配達先までの道路が狭い場合などはお届けできないことがございます。4トントラックが十分に入れるだけのスペースがあるかどうかを予めご確認ください。

また、受注の際にはお届け先までの案内図をファックスでお送りいただくことになりますので、予めご了承下さい。

詳しくは商品価格の案内ページでご説明しております。是非、そちらも併せてご覧下さい。

西洋芝の購入をお考えのお客様へ

張芝の成否には使用するソッドの品質もさることながら、張芝の方法も大きく関わってきます。 美しい芝生を実現していただくためにも、是非、芝草関連情報内の各記事をご一読下さい。

張芝手順のご紹介 あなたにもできる!西洋芝の管理 芝草の種類と特性
よくいただくご質問 園芸店で購入できる芝生用資材のご紹介 芝草関連書籍のご紹介
我が家の芝生をご紹介します(当社の西洋芝を使用した芝生作りの実例集)