HOME >> 482だより最新号 >> バックナンバー(2007年5月号)

482だより

2007年5月号

季節は春から初夏へと移りはじめ、日本で一番良い陽気といえる時期になってきました。この時期、より多くのゴルフプレーヤーがゴルフ場へ足を向けてくれることを期待しております。

先月4月に気になった人物として、石原都知事、タイガーウッズ、松坂大輔投手が挙げられます。なかでも石原都知事は私と同年代であり、50年も前からその各種に亘り発揮されていた優れた才能やリーダーシップには尊敬の念を持っておりましたが、今回の立候補だけは辞められた方がいいのではないかと思っておりました。

次にタイガーウッズは、メジャー第一戦となるマスターズにおける成績が、初日から最終日まで本来の調子とはいえないもので、それでも2位という好成績ではあったのですが、本人にとって優勝以外は無きに等しいという感じなのでしょう。

最後の松坂投手は、これもメジャーでの第一戦という事で日米のマスコミで大いに注目され、松坂本来の、松坂らしい結果ということに終わったのですが、タイガーウッズ共々、今年のメジャーでの活躍には益々目を離せそうにありません。是非、テレビではなくアメリカで実際に見たいものと思いますが、なかなか実現は難しそうです。

私は、今年もせいぜい日本でのゴルフプレーに精を出して、健康維持に努めていきたいと考えます。

| 最新号へ戻る |
▲上へ戻る