HOME >> 482だより最新号 >> バックナンバー(2008年1月号)

482だより

2008年1月号

明けましておめでとうございます。まず今年も皆様方の御繁栄と御多幸を心からお祈り申し上げます。

新しい年を迎え、心も新たにそれぞれの抱負、目標があるかと思われますが、私個人としては第一に、今年一年を通してまず健康でありたいと思っております。また同時に、私どもが関わっているゴルフ場の芝草の健康維持も心から望んでおり、今年も引き続きそれに向けての最大の努力をしなければならないと考えております。

個人の健康維持ということでは、何よりバランスの良い食事と適度な運動という正しい生活習慣を身につけることが大切だと言われます。それは芝草にしても同じことで、芝草の健康維持のためには、何より土壌条件を含めた生育環境を整え、適切な維持管理を行うことが大切と言えるでしょう。

芝草の生育環境ということでは、近年の地球温暖化も決して無関係ではありません。アメリカの暖地のゴルフコースではベントグラスグリーンからバミューダグラスのグリーンに変更するコースがあるようですが、これなども地球温暖化への対策の一つと言えるでしょう。ただ、そのためにゴルフコースの質の低下があってはならないので、今後はこの点についての改善も進んでゆくものと思われます。

近年は全ての気象現象が地球の温暖化に関連づけられて解説されてしまうほどになり、この問題は芝草ばかりでなく、人類の存続にもつながる大きな問題となってきています。地球全体のエコを考えますと、国家レベルでの対策はもちろんですが、まずは個人として小さいことから実行していくことが必要だと思います。

いずれにしても今年一年も明るく平穏な年であってほしいと思います。

| 最新号へ戻る |
▲上へ戻る