HOME >> 482だより最新号 >> バックナンバー(2008年7月号)

482だより

2008年7月号

6月はUSオープンゴルフでタイガー・ウッズが勝ち、ジャック・ニクラウスの持つ「トリプルグランドスラム」という大記録に並んだという報道がなされましたが、その直後、タイガーが膝の手術により今シーズンのプレー不能ということが分かり、ゴルフ界に激震が走りました。このことは、テレビの放映権料をはじめとして、タイガー・ウッズがゴルフ界へもたらす収入がいかに大きなものかを物語る事件となり、世界のスーパースターの存在の大きさをまざまざと見せつけられました。

野球やサッカーなどのチーム競技と違ってゴルフは全くの個人競技であるため、一人勝ちすることが可能になります。そのため、一人のスター選手の存在がゴルフ界全体に及ぶほどの大きな影響力を持つことがあり、まさにタイガー・ウッズはそうしたスーパースターなのだと思われます。まだ32才という若さではありますが、もし、今回の膝の傷害が彼のプロゴルファーとしての命取りということにでもなると、その影響の大きさは計り知れないものと言えましょう。

日本では6月、7月と梅雨空の季節を迎え、しばらくは雨天や曇天の多い日々を過ごすことになります。梅雨期の雨量がゴルフ界に与える影響は大きいので、今年は日本のゴルフ界を湿らせない程度に適当に降ってくれればと思います。

例年ですと、関東地方は7月下旬頃には梅雨明けを迎えます。昨夏は暑い夏となりましたが、今年はどのような夏になるのでしょうか。毎年のことながら、過ごしやすい平穏な夏になってほしいものだと思います。

| 最新号へ戻る |
▲上へ戻る