HOME >> 482だより最新号 >> バックナンバー(2007年8月号)

482だより

2007年8月号

7月は曇天、雨天が多く日照不足が心配されておりますが、その中でも台風4号の豪雨の被害と、その直後の新潟県中越沖地震があり、今更ながら日本における天災の多い事を思い知らされました。なかでも新潟の地震は、関東などの人口密集地域での発生を考えると大変な恐怖を覚えます。更に今回の地震は原発基地への影響もあり、これは日本だけでなく世界的規模の事故になる恐れもある事から、今後の原発の存在がどのようになるのか大きな心配となっています。日本中どこでも大地震の起こる可能性があるとすれば、原発はクリーンエネルギーというイメージからほど遠い、最も危険な存在ともいえるでしょう。

今年は全般的に梅雨明けが遅くなっており、農作物をはじめ悪影響が心配されますが、芝生にとっても日照不足は種々の問題を起こす原因になりますので、早く本来の夏が来てほしいと思います。

ダイガー・ウッズが今年3回目のメジャートーナメントも不調のまま終り、残された全米プロで今年初のメジャー優勝を目指す事になります。今後もタイガー・ウッズが中心となることは間違いありませんが、多くのプロのレベルが上がっていると言うべきなのでしょうか、優勝となるとタイガー・ウッズでもなかなか難しいようです。

| 最新号へ戻る |
▲上へ戻る