HOME >> 482だより最新号 >> バックナンバー(2008年9月号)

482だより

2008年9月号

8月は北京オリンピックで世界中が沸いたという感じでした。44年前の東京オリンピック、20年前のソウル大会、そして今回と、夏のオリンピックとしてはアジアで3回目の開催となります。

日本チームは前回のアテネ大会が史上最多のメダル獲得ということでしたが、残念ながら今回は大幅に減らす結果になりました。ただこれは、日本の野球チームが代表するように、日本の実力の低下によるものと思われます。日本チームにも伝統的に強い種目はあるのですが、今後は今回程度のメダル数の維持さえ難しくなるのではないでしょうか。おそらく、次回のロンドン大会では更にメダルを減らすことになるような気がいたします。

一方、中国のオリンピックに向けての力の入れようは凄まじく、今回も大量の金メダルを獲得しました。今回は開催地ということもあったでしょうが、おそらく今後もこの傾向は続き、中国は益々強くなるように思います。

2016年の大会に東京が立候補しており、来年の秋には開催地が決まる予定です。今後どうなるか判りませんが、個人的には是非とも東京で開催してほしいと思います。

前回の東京大会の時には、国立競技場のグラウンドが日本で初めて芝生化されました。それ以来、日本でも盛んに競技場や野球場、サッカー場などの芝生化が進められてきました。もし、2016年の東京開催が実現しましたら、その時には更に高度な技術によって美しい芝生のグラウンドが造られることでしょう。そしてまた、それを契機として、東京をはじめとした各都市に美しい芝生が数多く造られるようになってほしいと考えます。

| 最新号へ戻る |
▲上へ戻る