HOME >> 482だより最新号 >> バックナンバー(2008年11月号)

482だより

2008年11月号

10月後半はゴルフ日和といえるような秋晴れの暖かい日が続きました。その一方で、世界的には大恐慌が心配されるほどの暗い経済危機が蔓延しています。上向いていた経済が急激に冷え込み、世界中が停滞という言葉で埋められています。

今回の経済危機の日本への影響は比較的少ないと言われていますが、それでもどの程度の影響がいつまで続くのかといった不安はあります。今年は暖冬が予想されていますが、経済としてはかなりの冷え込みが予想され、厳しい冬になりそうな気配です。

停滞ということでは、日本の政治も同様です。太郎さんと一郎さんの二人の争いとなる選挙が、いつ行われ、どのような形で収まるのかは判りませんが、私としては日本の政治家のトップは、世界中の政治家と英語で話しの出来ることが必要と考えます。日本人の一番弱い部分ではありますが、今やトップとしての必須条件のような気がします。

先に、ゴルフ日和という表現を使いましたが、この時期の晴天はまさにゴルフ日和そのものです。と同時に、この時期はゴルフ場のコンディションが一年で一番良くなる季節でもあります。政治や経済はともかくとして、ゴルファーには是非ともゴルフ場へ足を運んでいただき、秋晴れの下での快適なプレーを満喫していただきたいものだと思います。

| 最新号へ戻る |
▲上へ戻る