HOME >> 482だより最新号 >> バックナンバー(2003年3月号)

482だより

2003年3月号

永くて寒い冬とも別れ、春を迎えることになります。光の春といわれるように、春は光がまぶしく輝いて見えます。

私たちが深く関わっている芝草にとっても、春は待ちに待った季節ともいえます。

冬の間褐色に染まっていた芝草が、まずベントグラスから緑が目立つようになります。そしてしばらく冬眠状態にあったあらゆる管理作業がスタートします。

昨年度の当社における芝草管理実績の中で、特筆すべき事柄として、ベントグラスのインターシーディングあります。目下、当社では2ヶ所のゴルフコースにおいてインターシーディングが進行していますが、両方共にペンクロス以外の品種が施工されています。

インターシードする品種としては、一連の「ニューベントグラス」と呼ばれるものの中から、ペンA-1とペンA-4の2品種を選んでおります。後者のA-4については既に3年程前から実施しており(482だより2001年9月号)、今回は新たに別のコースにおいてA-1による施工を行いました。

A-1については昨年の秋にスタートしたばかりなのですが、既にかなりの定着率を見ており、先行したA-4の状況と比較しますと、その定着率は比較にならないほど大きなものがあります。

前回も今回もスタートは秋の9月だったのですが、前回はコアリングによる施工法を取り、今回はシーダーを使った施工法で行っております。ペンA-4とA-1という品種の違いはあるにせよ、今回の結果を見る限り、シーダーによる施工の方が明らかに定着率において優位性を見せていました。

今回、ベントグラスのインターシードについてはシーダーによる施工がコアリングよりも有効だということが判りましたので、インターシーディングを実施予定のグリーンキーパーの方には、是非ともシーダーによる施工をお勧めしたいと思います。更に詳しい内容についてはお知りになりたい場合は、Eメールにてお問合せ下さい。

| 最新号へ戻る |
▲上へ戻る